Return to site

整骨院院長が教える運動と感情の関連性〜なぜあなたの手技は効果が出にくいのか?〜

PRT療法の理論

PRT療法

こんにちは。事務局の安達です。

いよいよ来月にPRT療法セミナー(ベーシック)@名古屋が迫って来ました。

まだ少し空きがありますので、このブログをご覧になって興味沸きましたら

是非是非ご参加頂ければと思います。

今回のブログの内容はPRT療法の理論の1部になります。

題にもある、運動には感情や感覚が関係するというもの。

清潔感のある見た目を

よく医療従事者は「清潔感のある見た目」に。なんて言葉を耳にします。

人間は外見じゃないよ!なんて、思いがちなのですが

「うわっ。この人不潔。」なんて思われたら壁が出来てしまいます。

不信感、不快感…

こういったマイナスなイメージというのは施術の効果も左右します。

理論的に考えて、絶対に方法が合っているのに効果が出ない。

そんな時は、自分自身が信頼されていないのかも!?と客観的に自分を評価して下さい。

魔法っぽく見せる

PRT療法のセミナー中に布野先生がなんども受講者の先生方にお伝えしているのが

「魔法っぽく見せて下さい」という事。

まずこちらの動画をご覧下さい。

お時間が無い方用にご説明致しますと

 

母指球にアプローチしただけでローテーションも変わるし

 

反対側のSLRの角度も変わる!改善する!という内容です。

 

PRT療法は全身にポイントがあります。

 

なので、足の手技もあるのですが

 

「足をやって足が変わる」よりも、「手をやって足が変わる」方が

 

患者さんや利用者さん、クライアントさんの心を掴みやすい

 

=施術の効果が出やすい。という事になります。

 

施術の効果をアップさせるにもこう言ったスキルは必要です!

マイナスな気持ちはどう影響するの?

皆さんは下の海の写真を見てどんな感情を抱きますか?

フリー素材の写真を抜粋して来ました。

 

綺麗な景色だなと思われた方もいらっしゃると思いますが

 

「怖い!」と思った方も多いはず。

 

特に、似たような場所で恐怖体験をされている方は

 

その時に、匂い、音、感情を思い出してしまい

 

体が強張る感じがあると思います。

 

私も、高い所が得意では無いので写真を見ただけでヒュッとなります。

 

施術の時にもこれが当てはまります。

 

マイナスなイメージを抱かせてしまった瞬間に

 

施術を受ける側の方は強張ってしまい後方重心に…。

 

後方重心というのは猫背の方向になりますから

 

やはりそちらに体がシフトしている時に可動域のチェックをしても

 

改善がみられなかったりするものです。

 

見た目、発する言葉、表情全てが施術の一部と考えてみて下さい!

だから、顔へのアプローチもPRTにはあるんです

表情筋は感情と関係しています。

辛い時も笑顔で!というのは、間違えではないです。

なのでPRT療法には顔へのアプローチも入っています。

皮膚感覚から感情へそして運動へと入力するのです。

だから、不思議な手技なのですが理にかなっているというのがPRT療法です。

表情と感情は密接な関係があるのは

 

フェイシャルフィードバックセオリーという仮説で証明されています。

セミナー情報

2019.12.08@Tokyo

2020.01.26@Tokyo

10:00~17:00 (¥32400-)

開催会場などの詳細はHPよりご確認お願い致します。

ホームページ

お問い合わせはこちらから。

皆様のご参加お待ちしております!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly