Return to site

講師の布野先生より

【もうすぐ10年】

接骨院を、開業して

3月25日で10年目になります。

7年前までは

マッサージ主体でした

今はマッサージは断ってます。

きっかけはスタッフから

こんな動画があると

見せてくれました。

足を調整して

他部位に変化を出す動画

その頃は患部に対して

施術をするが自分のやり方でした。

なのであり得ないと…

でも体を知ってみると

否定は、知識がなかったからでした

その先生、今は更に進化して

超有名になってます…

勉強してみて思ったのは

解らない文言が多く

本の1ページ読んでも理解するのに

一時間以上掛かかる😢

何せ読解力も低いので…

でも何よりびっくりしたのが

基本的な筋とか骨とか軟部組織を

自分が解ってない💦

これは不味いと思い、

コツコツ解剖学の勉強

そしたら

患者さんを診させて貰う時
 

患部を想像出来るようになり

本を前より早く理解出来るようになり

施術のインスピレーションも生まれる

例えば

姿勢が悪いとテニス肘

悪くないとなり辛い

TFCCもそう。

色々な説明が解剖学から

そして機能解剖からも出来る

患者様も自分も安心出来る

他にも

肩板に痛みがと言っても

角度によりどこが損傷してるのか

なんてのも想像出来るように‼️

今は、破格についても勉強中

記述に良くあるのが

〇〇筋が欠損してる場合がある

『欠損』

欠損あるの‼️と思いますが

あるみたいです😅

でも触った時に

??と思ったらないかもしれません

でも基本が解らないと…

中々時間がなく後回しな解剖学

でも施術の腕を上げるなら必須です

悩んだ時

基本に立ち返るのは大事だと思います

注意 ここから宣伝になります…💦

そんな解剖学を21時間かけて

話をします。

正直話してると

足攣ったり、意識が飛びそうに…

でも21時間やります。

自分なりの解剖学からの

臨床での考え方なども

します。

興味があるようでしたら

是非セミナー情報をご覧ください!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly