PRT療法の第1歩

最初、PRT療法のきっかけとなる出来事を見つけた時は

「なぜこうなるのか?」

布野先生でも分からなかったそうです。

その出来事とはマヒの方の施術中に起こりました。

「こっちの足は動かないんだよ」

そう話す患者さんの施術中頚部にアプローチをしたところ足が上がるように!?

動画では頚部に電気刺激を入れていない時と入れている時で

立ち上がり方が違うのが分かります。

これがキッカケでPRT療法が生まれました。

いくつかポイントがある

刺激を入れると動かなかったものが上がるようになる。

色々と試すと頚部以外にもそのポイントがあることが分かりました。

そのポイントはどんどん増えていき

PRT療法の手技が生まれました。

各ポイントの共通点としては”固有受容器”が豊富という事です。

カンデル神経科学という本にもその事が載っています。

恐怖で体が動かない

皆さんは「これをやったら痛いかも」という動きが分かっている場合

体が強張っている事に気づいていらっしゃいますか?

よくある例としては「転ぶから歩き回らないでね。」

こんな声かけドキッとしませんか??(;^_^A

この一言でさえも”恐怖”に直結します。

歩ける筈なのに恐怖で歩けなくなってしまう。

そんな方にPRT療法を行ってみると…歩けるように!!

歩けないわけではなく自分で体を制限してしまってるだけだったりします。

なので、PRT療法をリセットする手技と呼んでいるんです。

外傷にも使える

こちらスポーツ選手にも効果あります。

特に捻挫です。

骨折はさすがに難しいです。

捻挫をした後に痛みがある場合ですが

これは靭帯部分に余計なテンションが掛かっていたみが出ていることがあります。

この時にPRT療法を用いて体の緊張をリセットすると

余計なテンションが取り払われて痛みが軽減することが多いです。

外傷以外には寝たきりの方で体が丸まってしまっていた方にPRT療法を行ったところ

体が伸びるようになったなんて報告も受講者の方から頂きました。

理論から学べる初級編は年に1回!

そんなPRT療法ですが理論から学べるのは年に1回なんです。

様々な場面で応用が利くPRT療法を是非見につけてみませんか??

《セミナー詳細》

 

2018年7月29日(日)PRT療法(初級編)

 

〜新しい発見を引っさげて帰ってきました!〜

『固有受容器にアプローチして、脳の情報をリセットする。』

 

そんな難しい言葉を並べて、この一文だけではとっても難しそうな匂いがプンプンするのに、とっても簡単な手技。PRT。

 

どれぐらい簡単か???

 

医療の勉強をしていない方でもポイントを押さえれば行えるレベルの手技です。

 

講師の布野先生が臨床で新たな発見をし、〇〇法という様々な手技の理論を解明できること。さらに新たなPRTの理論をアップデートしたと、今回新しくなってPRT療法セミナー(初級編)が帰ってきました。

 

1度受けた方にも再度受けて頂きたいセミナー内容となっております。

 

外傷以外の痛みは、動作エラーや重心の位置が原因でなることがほとんど。

 

患者さん、クライアントさんが感動する、簡単テクニックとしっかりとした理論をぜひこの機会に!^ ^

 

 

場所:川崎ホール

神奈川県川崎市川崎区東田町9-6 加瀬ビル101 7階

JR京浜東北線「川崎」駅より徒歩8分
京浜急行本線「京急川崎」駅より徒歩8分

日時:2018年7月29日(日)9:30〜13:00

*理論と実技の時間を確保するために30分長くなりました。

 

料金:セミナーのみ 16200円(税込)
セミナー+懇親会 19440円(税込)

《リピーター価格》
セミナーのみ 8100円(税込)
セミナー+懇親会 11340円(税込)
*セミナー後に懇親会を行います。

*カード払いか銀行振込になります。
服装:動きやすい格好
定員:16名

 

お申し込みはこちらから↓↓↓

https://ws.formzu.net/fgen/S23873215/

 

【注意事項】
*キャンセルポリシー*
直前のキャンセルはいかなる場合においてもキャンセル料を頂きますので、ご了承ください。
2週間前までのキャンセル:受講料の全額返金させて頂きます
2週間前から1週間前までのキャンセル:受講料の半額を返金させて頂きます
1週間前から当日のキャンセル:返金できません

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly