Return to site

脳の機能ってすごい!

フィードバック

こんにちは。事務局の安達です。

今回は、運動と脳の関係について1部だけですがお話させて下さい。

PRT療法の理論にも出てきます

フィードバック、フィードフォワード。

この機能というのは人が生きていく上でとっても必要な事です。

皆さんは、歩くときに意識して歩いていますか?

○○筋を収縮させて○○筋を弛緩させて…

なんて事は大凡の方は考えないはずです。

では、なぜ自然に行えるのか???

これは、過去に固有受容器や感覚、から得た情報を元に

歩行という行動をフィードフォワードしているからです。

なので、痛みがあり跛行する期間が長い方は

なかなかケガをする前の歩行に戻りにくいのです。

前記にあります固有感覚受容器、感覚を脳に送るという

フィードバックは本当に大切になってくるのですが

歩行以外にもこんな例があります。

「特定の事をすると痛みが出る」こんな方見た事ありませんか?

炎症もない、患部も治癒しているのにも関わらずです。

特に痛み期間が長かった方に起こりやすいのですが

こういった方は主に「また痛みが出たら怖い。」という気持ちが

「これをやったら痛くなる。ほら痛くなった。」という情報を

情報として刷り込んでいることで起こります。

この場合は、同じような動作をやらせて

「ほら、痛くないですよね?」と本当は痛くないという

成功体験のようなものを繰り返し行うのです。

そうすることによって情報は書き換えられていき

「これをやっても痛くない!!」という状態になってきます。

情報というのは、良い情報も良くない情報も全て記憶されてしまうので

施術家としては、良くない情報をなるべく上書きするということが求められます。

話を歩行に戻しますと…

足裏からショックが伝わるのは、50m/s。

ちなみに、接地前にハムストリングスを収縮して

膝を屈曲してショックを低下させているのですが

この反射は34-42m/sとされています。

ここでおや???となります。

筋肉を動かす方が遅いんです。

なのに、私たちは歩けていますね。

ここで、フィードバックが活かされているのです。

このフィードバックに着目した手技こそPRT療法です。

手技で情報を脳に送り、運動時にはその情報をもとに

次の準備をしているので動作が変わります。

本当にチョコチョコって行っただけで変化出るので不思議です。

このお話だけでも施術に活かす事は十分に可能です。

ぜひ、皆様の新たな情報として取り入れてい頂ければと思います。

セミナー情報

【固有受容器、感覚にアプローチして体の軸を調整する手技】

7/7@名古屋市昭和区

9/29@東京都台東区

時間:10:00~17:00

参加費:32400円

お申し込みはこちらから

詳細:ホームページ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly